箱根登山鉄道、2000形「サン・モリッツ号」をデビュー当時の塗装に復刻 3月に記念イベント

画像:復刻塗装のイメージ
復刻塗装のイメージ

©箱根登山鉄道

箱根登山鉄道は2018年2月19日(月)、同社鉄道線で1989年から運行している2000形電車「サン・モリッツ号」について、2両固定編成1編成をデビュー当時塗装に復刻し、3月21日(水)に記念イベントを開催すると発表しました。

デビュー当時の塗装に復刻されるのは、「クモハ2001」、「クモハ2002」で構成される2000形のトップナンバー編成の予定で、3月21日(水)のイベントでは、2000形デビュー当時のヘッドマークが取り付けられ展示される予定です。

イベントは、3月21日(水)の10時から15時まで、入生田駅徒歩3分の場所に所在する「入生田車庫」で開催されます。復刻塗装車両の展示のほか、100形1両の展示、箱根湯本~強羅間の開通当時のレールの展示、2000形復刻塗装記念乗車券や箱根登山鉄道オリジナルグッズの販売なども予定されています。

詳しくは、箱根登山鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/21

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: