JR東、秋田港クルーズ列車に専用車両を導入 キハ48形でクルーズ船を表現

ニュース画像:車両エクステリアイメージ  - 「JR東、秋田港クルーズ列車に専用車両を導入 キハ48形でクルーズ船を表現」
車両エクステリアイメージ

©JR東日本 秋田支社

JR東日本秋田支社は、2018年4月18日(水)から秋田港クルーズ列車で使用する専用車両について、デザインや車両名称などを決定、詳細を公表しました。

専用車両の名称は「あきたクルーズ号」で、キハ48形車両を使用し、「海」、「港」、「クルーズ船」をデザインに取り入れています。

「秋田港クルーズ列車」は、秋田港に到着するクルーズ船利用者の輸送を図るために計画されたもので、2017年8月の「秋田竿燈まつり」期間中には秋田港~秋田間でトライアル運行が行われていました。2018年の運行は、 4月18日(水)から11月3日(土)までの予定です。

期日: 2018/04/18 〜 2018/11/03

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ