鹿島臨海鉄道、3月17日にダイヤ改正 8000形の増発や運転区間延長など

ニュース画像:鹿島臨海鉄道8000形 - 「鹿島臨海鉄道、3月17日にダイヤ改正 8000形の増発や運転区間延長など」
鹿島臨海鉄道8000形

©鹿島臨海鉄道

鹿島臨海鉄道は、2018年3月17日(土)にダイヤ改正を実施し、大洗鹿島線で一部列車の運転区間の延長などを行います。

上り水戸方面では、大洗5時21発、水戸5時36分着の始発列車を、新鉾田5時2分発、水戸5時40分着とし運転区間を延長します。また、新鉾田8時42分発の列車で、水戸まで向かう場合、大洗での乗り換えが必要でしたが、この乗り換えを解消し、直通運転とされます。

下り鹿島神宮方面では、水戸7時9分発、新鉾田7時52分着の列車の運転区間を延長し、鹿島神宮に8時31分に到着するように変更されます。

そのほか、新型車両である8000形の運転本数を増発、鹿島臨海鉄道では、「冷暖房の良く効く、快適な列車」の本数を増加させるとしています。

そのほか、数分程度、時刻を見直す列車が存在します。各駅の詳しい運転時刻に関しては、鹿島臨海鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/17から

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ