日比谷駅と銀座駅から直結、高級スポーツ自転車専用駐輪施設が3月29日に開業

画像:バイクハンガー型の駐輪機器
バイクハンガー型の駐輪機器

©三井不動産リアルティ

三井不動産リアルティは2018年3月29日(木)、日比谷線、千代田線、三田線の日比谷駅と、銀座線、丸ノ内線、日比谷線の銀座駅に直結する高級スポーツ自転車専用駐輪施設を開設します。

同施設は、「東京ミッドタウン日比谷」日比谷ステップ広場の地下1階に開設されるもので、日比谷駅、銀座駅のほか、JR有楽町駅からも徒歩5分でアクセスできます。

この施設は、高級スポーツ自転車専用の月極駐輪施設で、自転車通勤者向けにサービスが展開されます。自転車を垂直に収納するバイクハンガー型の駐輪機器が採用されているほか、自転車の簡易メンテナンスを行えるピットスペース、ヘルメットやシューズ、ウェアなどを保管できる専用のロッカーも設置されています。また、ICカードで開閉する自動ドアや防犯カメラも設置されており、セキュリティの強化が図られています。

月額施設の利用料金は、「ロッカー大」15,000円、「ロッカー中」が14,000円です。詳しくは、三井不動産リアルティのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/29から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: