JR久大本線、7月14日から全線で運転を再開へ 豪雨の被害から復旧

ニュース画像:九州北部豪雨で流失した際の久大本線「花月川橋梁」 - 「JR久大本線、7月14日から全線で運転を再開へ 豪雨の被害から復旧」
九州北部豪雨で流失した際の久大本線「花月川橋梁」

©JR九州

JR九州は、2018年4月19日(木)、「平成29年7月九州北部豪雨」の影響により、2017年7月5日(水)から運転見合わせが続いている久大本線について、2018年7月14日(土)の始発列車から運転を再開すると発表しました。

久大本線では、光岡~日田間に架かる花月側橋梁が流失するなど、全線で11カ所の被害が発生していました。2018年4月現在は、光岡~日田間で運転見合わせが続いており、バスによる代行輸送が実施されています。

7月14日(土)の運転再開後の一番列車は、日田5時25分発の久留米行き普通列車の予定です。また、特急列車は「ゆふ」が3往復、「ゆふいんの森」が3往復運転を行います。

なお、特急「ゆふいんの森」は、7月14日(土)から久留米経由の正規ルートでの運転になりますが、小倉経由の暫定ルートでの運転は、7月12日(木)で終了の予定です。

詳しくは、JR九州のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/07/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ