JR西日本、5月19日に氷見線の一部列車を運休 代行輸送を実施

JR西日本は、2018年5月19日(土)19時30分頃から終電まで、氷見線能町駅の構内踏切工事に伴い、氷見線全区間で列車を運休し、バスによる代行輸送を実施します。この踏切工事は富山県が計画する高岡往来踏切拡幅事業に伴うもので、氷見線能町駅構内にて一部線路の切り換え工事が行われます。

運休対象となる列車は、計8本です。そのうち4本は、高岡駅を19時41分、20時22分、21時32分、22時45分に発車する氷見駅方面の列車です。ほかの4本は氷見駅を19時36分、20時17分、20時56分、22時07分に発車する高岡駅方面の列車です。

代行バスの所要時間は、高岡~氷見間のいずれの方向で運行する場合でも、約80分を予定しています。詳しくは、JR西日本のウェブサイトを参照ください。

■運休列車と代行バス予定時刻
<運休列車 氷見方面>
高岡発→氷見着
19:41→20:09
20:22→20:49
21:32→22:00
22:45→23:12

<代行バス 氷見方面>
高岡発→氷見着
19:45頃→21:05頃
20:25頃→21:45頃
21:35頃→22:55頃
22:50頃→0:10頃

<運休列車 高岡方面>
氷見発→高岡着
19:36→20:07
20:17→20:48
20:56→21:25
22:07→22:36

<代行バス 高岡方面>
氷見発→高岡着
19:40頃→21:00頃
20:20頃→21:40頃
21:05頃→22:25頃
22:10頃→23:30頃

期日: 2018/05/19

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: