高山本線、高山駅に留置中の車両から手歯止めを紛失 6月6日

ニュース画像:紛失した手歯止の概要 - 「高山本線、高山駅に留置中の車両から手歯止めを紛失 6月6日」
紛失した手歯止の概要

©JR東海

JR東海は2018年6月6日(水)、在来線の車両から床下搭載品を落失したと発表しました。落失がわかった車両は、キハ85系気動車で、車両の床下に搭載してあったはずの「手歯止め」が2個なくなっていました。「手歯止め」とは、車輪とレールの間に設置し、車両の転動を防止するための器具です。材質は鉄製で、ひとつの重さは約3.5キログラムです。

落失を確認した時刻は、6月6日(水)の8時21分頃で、場所は高山本線の高山駅です。高山駅の係員が同駅に留置中だったキハ85系気動車を確認したところ、紛失していることがわかりました。

なお、本事象による怪我人の発生や、車両の損傷はありませんでした。詳しくは、JR東海のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/06/06

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ