上信電鉄 、特別臨時列車「151形引退ラストラン」を6月30日に運転

画像:特別臨時列車「151形引退ラストラン」
特別臨時列車「151形引退ラストラン」

©上信電鉄

上信電鉄は、2018年5月に定期運用を終了した151形「クモハ151-クモハ152」の引退ラストランとして、2018年6月30日(金)に特別臨時列車を運転すると発表しました。

この臨時列車の乗車には、事前予約が必要です。参加希望の場合、上信電鉄鉄道部に電話で申し込みができます。ただし、定員は先着152名とされており、人数に達し次第、受付を終了します。

参加代金は大人5,000円、小学生以下は4,000円です。これには、往復の乗車券代、ラストラン乗車照明書、記念品、記念撮影代、弁当の代金が含まれます。

当日は、上信電鉄本社前10時に集合、高崎10時32分発、下仁田12時6分着の臨時列車に乗車後、下仁田13時44分発、高崎14時51分着の折返しの臨時列車で高崎まで戻ってくる行程です。詳しくは、上信電鉄のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/06/30

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: