トランスペニー・エクスプレス向け日立製高速車両、第1号がイギリス到着

画像:イギリスに到着した車両
イギリスに到着した車両

©Hitachi rail Europe

日立レールヨーロッパは2018年6月11日(月)、イギリスの「トランスペニー・エクスプレス」に納入、運行される予定の高速車両「Nova 1」について、山口県下松市の日立製作所笠戸事業所で製造された最初の車両がイギリスに到着したと発表しました。車両は、サウサンプトン港から陸上げされました。

トランスペニー・エクスプレスで使用される日立の高速車両は、2016年に両社間で締結された納入契約に基づき生産されるものです。日立は、標準型都市間車両「AT-300」を95両19編成製造、このうち、最初の数編成が笠戸事業所で製造され、その他の車両は、日立レールヨーロッパのニュートン・エイクリフ工場で製造されます。

今回、イギリスに到着した車両は4月に日本を出発していました。トランスペニー・エクスプレスでは、イングランド北部やスコットランドを結ぶ路線で運行されます。

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: