阪神電鉄、小学生を対象に車両基地を見学できる催しを開催 8月23日

ニュース画像:尼崎車庫の見学 イメージ - 「阪神電鉄、小学生を対象に車両基地を見学できる催しを開催 8月23日」
尼崎車庫の見学 イメージ

©阪急阪神ホールディングス

阪急阪神ホールディングスでは、2018年7月21日(土)から8月30日(木)にかけて「阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2018」と題し、小学生を対象とした体験学習プログラムを行います。

この一環として阪神電気鉄道では、8月23日(土)に「阪神電車尼崎基地に行こう!」を開催します。このプログラムでは、電車工場や車両を見学し、パンタグラフ・行先表示器などの操作や吊り革作りが体験できます。

会場は、尼崎前駅最寄りの尼崎車庫で、開催時間は9時30分から11時30分まで開催されます。このプログラムの参加対象は、小学1年生から3年生が推奨されています。なお、保護者の同伴は必要ですが、未就学児の同伴はできません。

参加には、阪急阪神ホールディングスのウェブサイト上にある応募フォームから申し込みが必要です。締切は6月18日(月)までです。なお、定員は25名とされており、応募者多数の場合は、抽選となります。参加料は無料です。

詳しくは、阪急阪神ホールディングスのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/06/18まで

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ