京急、京成と浅草線、相互直通開始から50周年 3社局でヘッドマーク掲出

画像:キャンペーンポスターと記念ヘッドマーク
キャンペーンポスターと記念ヘッドマーク

©京急電鉄

京急電鉄と東京都交通局、京成電鉄は、2018年6月21日(木)に迎える京急線と浅草線、京成線の相互直通50周年を記念し、2019年6月20日(木)までの期間、合同キャンペーンを展開します。その一環として、各社局で記念のヘッドマークを掲出した列車を運行します。

今回開催される記念キャンペーンは、1968年6月21日(金)に三浦半島~都心~成田が一本の線路で繋がり、今年で相互直通50周年を迎えることを記念したもので、3社局が共同でキャンペーンを実施します。キャンペーンでは、スタンプラリーの開催や、臨時列車「成田山号」と「城ヶ島マリンパーク号」の復刻運行、3社局でそれぞれ1編成ずつ「記念ヘッドマーク」を掲出して運行するなど、多くの企画が予定されています。

相互直通50周年を記念したヘッドマークが掲出されるのは、京急電鉄600形、都営交通5300形、京成電鉄3000形のそれぞれ1編成です。掲出される期間は、2018年6月21日(木)から2019年6月20日(木)までです。

相互直通50周年記念キャンペーンについて、詳しくは、ウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/06/21 〜 2019/06/20

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: