神戸電鉄、三田市制施行60周年でコラボ記念ヘッドマークを掲出へ

ニュース画像:ヘッドマーク イメージ - 「神戸電鉄、三田市制施行60周年でコラボ記念ヘッドマークを掲出へ」
ヘッドマーク イメージ

©神戸電鉄

神戸電鉄は2018年7月1日(日)から、兵庫県三田市とコラボレーションした記念ヘッドマークを掲出した車両を運行します。

これは、同社の鉄道開業90周年と、三田市の市制施行60周年をPRするために行われるもので、三田市制施行記念日である7月1日(日)から実施されます。

記念ヘッドマークは、神戸電鉄と三田市のキャラクターが、両者が制定したシンボルマークの中から顔を出すデザインが採用されています。

掲出期間と掲出車両は、7月1日(日)から10月31日(水)までが、3両編成を組む6500系6507編成、11月1日(木)から12月24日(月・振休)までが、4両編成を組む6000系6503編成です。

詳しくは、神戸電鉄のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/07/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ