JR東、首都圏の既存在来線車両にも防犯カメラを設置へ 約8,300両

ニュース画像:E233系 - 「JR東、首都圏の既存在来線車両にも防犯カメラを設置へ 約8,300両」
E233系

©JR東日本

JR東日本は2018年7月3日(火)、首都圏を走行する在来線車両と新幹線車両の一部を対象に、車内防犯カメラを追加設置すると公表しました。

JR東日本はこれまで、山手線のE235系のほか、2018年度以降に新たに製造するすべての旅客車両に防犯カメラを設置することを明らかにしています。JR東日本は2018年現在、E235系やE5系、GV-E400系などの車両の増備や新造を進めており、こうした車両のほか、中央線特急のE353系、成田エクスプレスのE259系、常磐線特急のE657系の客室にも設置されることが既に公表されています。

今回、新たに設置が公表されたのは、首都圏を走行する既存の在来線車両約8,300両と、既存の新幹線車両約200両です。JR東日本は主な対象車種として、209系やE231系、E233系などの通勤・近郊形車両のほか、651系やE257系などの特急形式なども挙げています。在来線車両は2018年度夏以降、既存の新幹線車両は冬以降に設置される計画です。

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)