西日本豪雨、被災路線は一部で運行再開 22路線27線区は目処立たず

画像:平成筑豊鉄道の被災状況
平成筑豊鉄道の被災状況

©平成筑豊鉄道

前線の停滞に伴い発生した「平成30年7月豪雨」により、2018年7月10月(火)現在も、九州、中国、四国、東海地方の鉄道路線では、運休や運転本数の削減など多くの影響が出ています。国土交通省は7月10日(火)13時、一連の豪雨災害による被害状況について情報を更新し、運休路線の被災状況と、運行再開の目処について明らかにしています。

公表によると、7月10月(日)時点で運休している線区のうち、函館線の倶知安~然別間、高山線の飛騨萩原~飛騨古川間、白川口~飛騨金山間、下呂~飛騨萩原間と、播但線の寺前~和田山間、筑肥線の筑前前原~唐津間に関しては、いずれも7月11日(水)から7月13日(金)頃までの間に運転を再開する予定です。

また、山陰線の福知山~和田山間は7月12日(木)以降に再開される目処となっているほか、舞鶴線は再開まで10日間以上を要する見込みです。このほかの22路線27線区に関しては、被害規模や状況調査の進捗などから、再開の目処は立っていません。

運転再開時期について、目処が立っていない路線は下記の通りです。最新の運行情報などは、鉄道各社のウェブサイトを参照ください。

■7月10月(日)時点の国交省の公表で、運転再開時期が未定となっている線区
・JR東海 高山線 飛騨古川~猪谷間
・JR東海 高山線 飛騨金山~下呂間
・JR西日本 山陽線 笠岡~海田市間
・JR西日本 山陽線 岩国~徳山間
・JR西日本 芸備線 全線
・JR西日本 因美線 用瀬~東津山間
・JR西日本 姫新線 上月~新見間
・JR西日本 木次線 出雲横田~備後落合間
・JR西日本 福塩線 福山~神辺間
・JR西日本 福塩線 府中~塩町間
・JR西日本 伯備線 倉敷~上石見間
・JR西日本 呉線 全線
・JR西日本 津山線 全線
・JR四国 土讃線 阿波池田~土佐山田間
・JR四国 予讃線 本山~観音寺間
・JR四国 予讃線 今治~伊予北条間
・JR四国 予讃線 伊予市~宇和島間
・JR四国 内子線 全線
・JR九州 筑豊線 桂川~原田間
・JR九州 肥薩線 八代~吉松間
・JR九州 筑肥線 山本~伊万里間
・長良川鉄道 越美南線 美濃市~北濃間
・京都丹後鉄道 宮津線 全線
・井原鉄道 井原線 総社~三谷間
・錦川鉄道 錦川清流線 川西~錦町間
・平成筑豊鉄道 田川線 崎山~田川伊田間
・平成筑豊鉄道 門司港レトロ観光線 全線

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: