JR北海道、キハ40系「道央 花の恵み」をデビューへ 岩見沢駅で公開

画像:「道央 花の恵み」イメージ
「道央 花の恵み」イメージ

©JR北海道

JR北海道は2018年7月22日(日)、同社キハ40系の外装、内装を改造して運行を開始する特別車両「北海道の恵み」4両のうち、4両目となる「道央 花の恵み」の一般公開を、運行開始を前に岩見沢駅で実施します。

「北海道の恵み」は、道北、道東、道南、道央の各エリアに1両ずつ投入される車両で、各エリアごとに異なるデザインとされています。道北エリアは「キハ40 1720」を改造し3月下旬に運転を開始、道東の「道東 森の恵み」は「キハ40 1779」が改造され4月にデビュー、道南の「道南 海の恵み」は「キハ40 1809」を改造し6月から運転を開始しています。

7月22日(日)の一般公開は、岩見沢駅1番ホームで12時ごろから12時30分まで実施されます。詳しくは、JR北海道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/07/22

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: