京都市交通局、IC定期券発行に対応した自動券売機を地下鉄全駅に設置へ

ニュース画像:ICOCA定期券が購入できる券売機 - 「京都市交通局、IC定期券発行に対応した自動券売機を地下鉄全駅に設置へ」
ICOCA定期券が購入できる券売機

©京都市交通局

京都市交通局は2018年7月18日(水)、地下鉄のICOCA定期券を発行できる自動券売機の追加設置について発表しました。これは、ICカードを活用したサービスを拡充し、利便性の向上を図るもので、継続利用の通勤IC定期券を発行できる券売機が、地下鉄全駅に設置されます。

券売機がすでに設置されている8駅に加えて、今回新たに設置となる駅は、烏丸線の国際会館駅、松ヶ崎駅、北山駅、鞍馬口駅、今出川駅、丸太町駅、烏丸御池駅、五条駅、九条駅、十条駅、くいな橋駅、東西線の太秦天神川駅、西大路御池駅、二条城前駅、京都市役所前駅、東山駅、蹴上駅、御陵駅、東野駅、椥辻駅、小野駅、醍醐駅、石田駅の計23駅です。導入された自動券売機は、9月25日(火)始発からサービスを開始します。

自動券売機は利用中の通勤定期券の継続利用に対応しており、近鉄、京阪、JR、阪急との連絡を含む地下鉄定期券、京都市交通局が発行したICOCA定期券であることが利用条件です。通用開始日の14日前から購入できますが、現金のみの取扱いとなります。なお、地下鉄とバスの連絡定期券や、バスのみの定期券は購入できません。

詳しくは、京都市交通局のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/08/25から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ