JR貨物とJR西、西日本豪雨の被災路線を迂回する貨物運転ルートを検討

ニュース画像:JR貨物 イメージ - 「JR貨物とJR西、西日本豪雨の被災路線を迂回する貨物運転ルートを検討」
JR貨物 イメージ

©JR貨物

JR貨物とJR西日本は、2018年8月3日(金)、「平成30年7月豪雨」の影響により、不通となっている山陽本線を迂回し、貨物列車の運転かできないかどうか、検討を始めていると公表しました。

検討中のルートは、伯備線、山陰本線、山口線を経由するルートです。現在の状況は、迂回列車に乗務するJR貨物の運転士に必要となる教育の実施する「運転士養成」、貨物列車が安全に走行するための設備上の確認作業する「設備確認」、運行する貨物列車の時刻などの調整する「ダイヤ調整」を、同時並行で進めている段階としてます。

両社では、上記の取り組みが完了次第、速やかに迂回列車の運転を開始する予定です。なお、具体的な日程は決まり次第、改めて公表されます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ