JR西、乗車回数に応じてポイントが貯まる「ICOCAポイント」開始へ

画像:ICOCA
ICOCA

©RailLab News

JR西日本は、2018年10月1日(月)から「ICOCAポイント」のサービスを開始すると発表しました。

このサービスは、列車の乗車回数や一部のICOCA加盟店でのICOCA電子マネーの利用に応じてポイントが貯まるもので、貯まったポイントをICOCAにチャージすることで、列車の乗車や買い物で利用できます。

ポイントの種類は、列車の利用で貯まる「時間帯指定ポイント」「利用回数ポイント」と、買物で貯まる「電子マネーポイント」の3種類があります。

「時間帯指定ポイント」は、京阪神地区の特定区間に設定されるもので、平日の昼間や土休日・年末年始の利用回数が1カ月間に4回以上の場合、4回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の30パーセントまたは50パーセントのポイントが貯まります。

「利用回数ポイント」は、JR西日本のICOCAエリアで、同一運賃区間の利用回数が1カ月間に11回以上の場合、11回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の10パーセントのポイントが貯まります。

なお、ポイントを貯めるためには、事前に無料の利用登録が必要です。利用登録は8月20日(月)以降順次、ICOCAエリアの駅の一部の自動券売機で行うほか、ウェブサイトでも受付を行う予定です。

詳しくは、JR西日本のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/01から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: