秩父鉄道、「熊谷花火大会」に合わせ臨時列車を運転 8月11日

画像:ヘッドマーク イメージ
ヘッドマーク イメージ

©秩父鉄道

秩父鉄道、2018年8月11日(土・祝)に、熊谷駅付近の荒川河畔で「熊谷花火大会」が開催されることから、混雑緩和を図るため、同日に臨時列車を運転します。

臨時列車が運転されるのは、催しからの帰宅時間帯で、熊谷発の列車が上下1本ずつ運転されます。下り列車は、熊谷21時44分発の各駅列車寄居行きで、寄居には22時13分に到着します。また、上り列車は、熊谷20時48分発の各駅停車羽生行きで、羽生には21時11分に到着します。

なお、秩父鉄道では、8月4日(土)から8月11日(土・祝)までの期間、「熊谷花火大会」を記念した特別ヘッドマークを掲出した列車を運転しています。該当の編成は、7500系の1編成です。

詳しくは、秩父鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/08/11

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: