JR貨物、EH800形の「運転士異常時対応訓練用シミュレータ」を導入

ニュース画像:シミュレーターの新幹線との共用走行区間の画像 - 「JR貨物、EH800形の「運転士異常時対応訓練用シミュレータ」を導入」
シミュレーターの新幹線との共用走行区間の画像

©JR貨物

JR貨物は、2018年9月12日(水)に、「EH800形式交流電気機関車 運転士異常時対応訓練用シミュレータ」を導入したと公表しました。

これは、2016年3月から運行開始した北海道新幹線との共用走行区間を運転する運転士の技能向上を目的に導入したものです。同区間では、EH800形電気機関車が、専用機として貨物列車の牽引を担当しています。

同社には、訓練用シミュレータが、全国6箇所配置されていますが、北海道新幹線との共用走行区間は、通常の在来線と異なる運転取扱いを行う必要があることから、今回のシミュレータが開発されています。

今回のシミュレータは、津軽線の蟹田~新中小国信号場間、海峡線の新中小国信号場~木古内間、道南いさりび鉄道線の木古内~札苅間に対応しており、同区間にある4つの保安装置や、異電圧セクションおよび新幹線指令との指令伝達システムを再現しました。

配置場所は、北海道支社の五稜郭機関区と、東北支社の青森総合鉄道部に1台ずつ配置されており、既に2018年6月から使用を開始しています。

機器の概要など詳しくは、JR貨物のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ