西武と東京メトロ、「S-TRAIN」を新木場まで延長運転 9月20日と21日

画像:S-TRAIN イメージ
S-TRAIN イメージ

©西武鉄道

西武鉄道は東京メトロの協力を得て、2018年9月20日(木)と9月21日(金)の2日間、所沢~豊洲間で運転している座席指定列車「S-TRAIN」を新木場まで、延長運転を行います。

これは、千葉県美浜区の「ZOZOマリンスタジアム」で開催されるプロ野球「埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ」の試合にあわせ、西武線の沿線から観戦に便利な列車として設定されるものです。

該当列車は、所沢16時18分発の「S-TRAIN 104号」と、所沢17時20分発の「S-TRAIN 106号」です。この列車は、通常通り「S-TRAIN 豊洲行き」として運転され、豊洲駅から各駅停車新木場行きとして運転します。なお、豊洲~新木場間は、座席はクロスシートのままですが、座席指定券を購入せずに乗車できます。

詳しくは、西武鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/09/20 〜 2018/09/21

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: