台風24号、山陽本線と豊肥本線で土砂流入 運転再開には期間を要する見込み

国土交通省は、2018年9月30日(日)から10月1日(月)にかけて、日本列島を縦断している台風24号「チャーミー」の被害状況について、まとめて発表しました。

台風の進路にあたる北海道では、釧網本線と根室本線釧路~根室間では、終日運転を見合わせと発表されているほか、道央地方と北海道新幹線を除く多くの路線で、運転再開時刻を14時以降としています。

一方、台風が過ぎ去った西日本や九州地方では、山陽本線光~下松間で土砂流入、豊肥本線犬養~大分大学前で土砂流入および盛土崩壊、予土線真土~西ケ方間で倒木によるレールのゆがみが発生し、運転を見合わせています。

山陽本線は、9月30日(日)に「平成30年7月豪雨」の被害から、ようやく復旧となり、全線で運転再開を果たす予定でしたが、今回の土砂流入により、柳井~下松間が運転見合わせとなっており、全線での運転再開は、さらに1週間以上要する見込みとされています。

また、豊肥本線も被害が大きく、阿蘇~大分間の運転再開には、期間を要する見込みとなっています。

一方、予土線は、10月1日(月)の夕方以降に運転再開を果たせる見込みと、JR四国が発表しています。最新の運行情報など、詳しくは、JR各社のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)