台湾鉄路管理局、南海「ラピート」色の電気機関車を運転開始

画像:「ラピート」色の機関車
「ラピート」色の機関車

©臺灣鐵路管理局

台湾鉄路管理局は2019年1月16日(火)から、南海電気鉄道の特急「ラピート」の色に塗装した電気機関車を運行しています。

該当の電気機関車は「E212号」と「E213号」の2両で、それぞれ「藍武士號」と「日台友誼號」と名付けられています。塗料は日本から空輸したものを、そのまま使用し、側面には南海電気鉄道のキャラクター「関空戦士ラピートルジャー」や大阪城、日台両国の国旗が描かれています。このプロジェックトには、現代アートを手掛ける台湾企業「視野文創」も参加しました。

このコラボ機関車2両は、北部の基隆市に所在する七堵駅と、南部の屏東県に所在する潮州駅を結ぶ西部幹線で、日本の急行に相当する「莒光号」を中心に牽引、一部の列車は東部幹線経由で台東県に所在する台東駅まで運行します。運行期間は半年間の予定です。

期日: 2019/01/16から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)