JR四国、平成時代の新駅と駅名改称駅の記念入場券セットを販売

ニュース画像:さようなら平成 記念入場券 - 「JR四国、平成時代の新駅と駅名改称駅の記念入場券セットを販売」
さようなら平成 記念入場券

©JR四国

JR四国は2019年4月30日(火)限定で、「さようなら平成」記念入場券セットを販売します。この商品は、「平成」への改元以降に開業した牟岐線の文化の森駅、予讃線の大浦駅、高徳線のオレンジタウン駅、土讃線の小村神社前駅と、1994年(平成6年)に高瀬大坊駅から改称した予讃線の、みの駅の計5駅の入場券に、「さようなら平成」と記載した台紙をセットにしたものです。

販売価格は800円、販売場所は高松駅、松山駅、徳島駅、高知駅と、大阪駅および阪急梅田駅最寄りのワープ梅田支店で、取り扱います。販売時間は4月30日(火)の10時から20時までですが、ワープ梅田支店は17時30分までの予定です。ただし、販売数は3,100セット限定で、売り切れになり次第、終了します。

そのほか、通信販売でも受け付けます。往復ハガキに必要事項を記載のうえ、JR四国販売センター「記念入場券」係に郵送することで申し込みできます。締切は4月19日(金)必着です。往復ハガキでの申し込みは、1通につき10セットまで申し込み可能で、販売数は400セットです。購入希望者が多い場合は、抽選となり、当選者のみ購入できます。

期日: 2019/04/19まで

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ