京急、人間の耳では聞き取れない「不可聴音」を利用した混雑緩和対策開始

ニュース画像:サービスの概要 - 「京急、人間の耳では聞き取れない「不可聴音」を利用した混雑緩和対策開始」
サービスの概要

©京急電鉄

京浜急行電鉄は2019年7月1日(月)から、平日朝ラッシュ時の快特や特急列車の混雑緩和を目的としたポイント付与用スマートフォンアプリ「KQスタんぽ」を活用したサービスを開始します。

このサービスは、平日の7時30分から9時にかけて、平和島~品川間で提供します。混雑の激しい上りの快特や特急列車に普段乗車している乗客を、比較的混雑度の低い普通列車に誘導し、普通列車に乗車した方のみにポイントを付与するものです。保育園の預かり時間や朝礼・会議など仕事の都合により、通勤時間を変更する「オフピーク通勤」ができない利用者に、快適通勤に向けた新しい提案も合わせて行います。

ポイントの付与は、人間の耳ではほぼ聞き取れない「不可聴音」を用いて行います。普通列車の車掌がタブレットを操作、自動車内放送を実施する際、同時に「不可聴音」も流します。乗客は、自動車内放送が流れている間に、「KQスタんぽ」の画面の取得ボタンを押すことにより、ポイントが獲得できます。今回、使用する「不可聴音」は、ヤマハが開発した SoundUD音声トリガー技術「TypeB」を使用した音声信号です。

このような「不可聴音」を認識することで、ポイントが付与されるシステムは、日本で初めての仕組みとなります。

流される音声信号は2種類あり、平和島~鮫洲間の各駅間と、青物横丁~品川間の各駅間を走行中の普通列車で、別のものが流されます。「KQスタんぽ」でポイントを獲得するには、1日に両方に音声信号を取得する必要があります。

獲得できるポイントは、「京急プレミアポイント」です。このサービスは、京急の定期券購入や、クレジットカードによるPASMOへのオートジャージ、京急沿線の商業施設の利用などで、ポイントが貯まるもので、貯まったポイントは加盟店で利用できる商品券に交換できるほか、ANAのマイルにも交換できます。「KQスタんぽ」で1日に獲得できるポイント数は、20ポイントです。

「KQスタんぽ」のサービスに加盟するには、第一段階として、京急プレミアポイントカードを入手のうえ、無料の京急プレミアポイントWeb会員に入会し、PASMOの番号を入力する必要があります。スマートフォンのダウンロードした「KQスタんぽ」には、京急プレミアポイントWeb会員に入会する際に使用した京急プレミアポイントカードの番号など、必要事項を入力することで、登録が完了します。

期日: 2019/07/01から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)