鉄道版インフラドクター、東急が大手民鉄初の実用化

ニュース画像:建築限界参考図 - 「鉄道版インフラドクター、東急が大手民鉄初の実用化」
建築限界参考図

©東急電鉄

東急電鉄は、道路維持管理システム「インフラドクター」を鉄道の維持管理に応用した鉄道保守新技術、通称「鉄道版インフラドクター」を導入し、2021年9月7日(火)から実際の計測作業を開始しました。同技術の実用化は大手民鉄初となります。

「インフラドクター」は、首都高技術、朝日航洋、エリジオンの3社で共同開発した道路維持管理システムで、主に高速道路の維持管理作業の高効率化に用いられている技術です。

今回、東急が導入する「鉄道版インフラドクター」は、東急、首都高速道路、首都高技術が鉄道施設の保守点検、管理作業の精度向上と効率化を目的に共同開発を進めてきた技術です。レーザースキャナによる3次元点群データと高解像度カメラの画像データを取得、解析し、建築限界検査、トンネルの特別全般検査を行います。東急線全線に導入されますが、世田谷線、こどもの国線は対象外です。

期日: 2021/09/07から

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ