東横線開通90周年記念イベント「九十歳の書」、Bunkamuraや東横線21駅で開催

ニュース画像:東横線開通90周年記念イベント「九十歳の書」 - 「東横線開通90周年記念イベント「九十歳の書」、Bunkamuraや東横線21駅で開催」
東横線開通90周年記念イベント「九十歳の書」

©東急電鉄

東急電鉄は2018年2月20日(火)から、東横線開通90周年記念イベント「九十歳の書」を開催します。展示第一弾は東急渋谷駅から徒歩10分ほどの場所にある「Bunkamura Box Galallery」、第二弾は東横線21駅で実施されます。

展示される作品は、東横線の沿線に所縁を持つ90歳代の人々がしたためた書、人生経験を積み重ねてきた話、90年に渡りともに歩んだ東急線への「思い出」が展示され、90年の歴史を迎えた周年を、年月の積み重ねと共に表現されるイベントです。

90年間、大戦をはさみ、戦い、焦土、復興、繁栄と歩んだ時代を経て今に至る歴史を顧み、書が語る90歳代の人々が、人生を次世代に伝える機会をめざして筆をとった人々へ取材を実施、映像、写真素材を通じて展示されます。

Bunkamura Box Galalleryでの展示は、2018年2月20日(火)から2月28日(水)まで開催、期間中は10時から19時30分で、最終日のみ17時までです。会場では原書展を開催し、東横線駅数の21にちなみ90歳の人々による21点の書が展示されます。

東横線の21駅での展示は、3月1日(木)から3月31日(土)で、21駅すべてに1点ずつ、原書からポスターに加工した展示用作品が掲出されます。詳しくは、東急電鉄のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/02/20 〜 2018/03/31

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ