大阪モノレール、延伸に向け門真市〜瓜生堂間の運輸事業特許を申請

画像:路線計画
路線計画

©大阪高速鉄道

大阪高速鉄道は2018年7月11日(水)、大阪モノレール線の門真市〜瓜生堂間の延伸に向け、国土交通大臣に運輸事業特許の申請を行ったと公表しました。

今回申請されたのは、既存の門真市駅から、東大阪市若江西新町に新設する仮称「瓜生堂駅」までの8.9キロメートルにわたる区間です。同区間には、鴻池新田駅、荒本駅の2駅も設置、計画全体の建設費は約286億円で、開業目標は2029年としています。延伸区間は現路線と同じく「跨座型モノレール」で建設されます。

なお、大阪高速鉄道では、建設費 約286億円のほか、支柱、桁などの道路構造物の事業費として約740億円を見込んでいます。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: