JR東と群馬県内4社、「ぐんまワンデー世界遺産パス」を再び販売

ニュース画像:ぐんまワンデー世界遺産パス フリーエリア - 「JR東と群馬県内4社、「ぐんまワンデー世界遺産パス」を再び販売」
ぐんまワンデー世界遺産パス フリーエリア

©JR東日本

JR東日本と群馬県内の鉄道事業者4社は、2019年3月22日(金)から9月30日(月)までの期間、企画乗車券「ぐんまワンデー世界遺産パス」を発売します。2018年に続いての販売ですが、2019年は利用可能エリア、販売および利用可能時期、販売価格が変更されています。

この乗車券は、群馬県内のJR線、上信電鉄線、上毛電気鉄道線、群馬県内の東武鉄道線、群馬県内のわたらせ渓谷鐵道線の普通列車の普通車自由席が、乗り降り自由で利用できます。2019年発売分は、これに長野原草津口駅~草津温泉バスターミナル間を結ぶJRバス関東の志賀草津高原線が利用できるようになりました。

新幹線・特急、急行、普通列車グリーン車、指定席などを利用する場合は、別に特急券、急行券、グリーン券、指定席券等の購入が必要です。なお、わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車は利用できません。また、JR線、東武鉄道線は、利用可能エリアに、一部の埼玉県や栃木県内の駅も含みます。

利用期間は4月1日(月)から9月30日(月)まで、有効期間は使用する1日間です。料金は、大人2,200円、こども1,100円に設定されており、フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ、主な旅行会社で購入できます。

期日: 2019/03/22 〜 2019/09/30

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ