京王電鉄、無料Wi-Fiサービスを拡充 日本語の対応も開始

京王電鉄は2019年3月16日(土)から、無料Wi-Fiサービスを拡充しました。今回、実施した内容は、2014年12月から英語、中国語の繁体字と簡体字、韓国語のみで提供していた「KEIO FREE Wi-Fi」の日本語対応と、無料Wi-Fi接続支援アプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」の導入です。

「KEIO FREE Wi-Fi」は、日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約17万アクセスポイントにおいて、手軽な操作で無料Wi-Fiサービスを利用できる「Japan Connected-free Wi-Fi」の対応サービスです。3月16日(土)以降は、同社線の20駅と沿線3施設で利用可能となっています。

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する訪日外国人向けサービスで、同社が運営する空港・主要駅・飲食店・観光地などを中心とした日本全国20万カ所以上のアクセスポイントに自動接続するAndroidおよびiOS対応アプリとなります。言語は英語 、中国語の繁体字と簡体字、韓国語、タイ語の5言語に対応します。

■「KEIO FREE Wi-Fi」の対応箇所
<京王線>
新宿駅、新線新宿駅、笹塚駅、明大前駅、下高井戸駅、調布駅、飛田給駅、東府中駅、分倍河原駅、高幡不動駅、北野駅、京王八王子駅、京王稲田堤駅、京王多摩センター駅、橋本駅、多摩動物公園駅、高尾駅、高尾山口駅

<井の頭線>
渋谷駅、下北沢駅、吉祥寺駅

<その他・沿線施設>
京王高尾山温泉/極楽湯、中部地方インフォーメーションプラザin京王新宿、京王モールアネックス

期日: 2019/03/16から

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ