大阪モノレールの東大阪市方面延伸がスタート、国交省の特許が通る

画像:大阪モノレール イメージ
大阪モノレール イメージ

©RailLab ニュース

国土交通省鉄道政策課は、2019年3月19日(火)付けで大阪高速鉄道が、2018年7月11日(水)に申請していた大阪モノレール線延伸線の軌道事業の特許事案について、国土交通大臣が軌道法第3条の規定に基づき、申請の通り特許すると発表しました。大阪高速鉄道は、建設許可にあたる特許が通ったことにより、新線建設についてスタートを切ることができるようになります。

大阪モノレール線延伸線は、門真市駅から東大阪市内の仮称・瓜生堂(うりゅうどう)駅までの約8.9キロメートルの区間で、大阪メトロ長堀鶴見緑地線の門真南駅、JR学研都市線の鴻池新田駅付近、近鉄奈良線の荒本駅付近に中間駅を設ける計画です。開業予定は2029年度で、建設費はインフラ部分を含め1,050億円を予定しています。完成後は、平日に117本、休日に115本の列車を運転する計画です。

期日: 2019/03/19から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)