JR四国各線、ゴールデンウィークの利用状況は前年比118%

JR四国は2019年5月7日(火)、ゴールデンウィーク期間の鉄道利用状況を公表しました。集計期間は4月26日(金)から5月6日(月・振休)までの11日間で、瀬戸大橋線をはじめ、四国内の主要3線で利用者が増加しました。

集計期間中の瀬戸大橋線の利用者数は34万3,500人で、対前年比118パーセントを記録しました。予讃線の「しおかぜ」、「いしづち」の多度津~伊予三島間、土讃線の「南風」、「しまんと」の多度津~阿波池田間、高徳線の「うずしお」の高松~徳島間における主要3線区の合計は16万3,800人で、こちらも対前年比118パーセントと大幅増加しています。

なお、瀬戸大橋線の利用ピークは、下りが4月28日(日)、上りは5月5日(日・祝)でした。

期日: 2019/04/26 〜 2019/05/06

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ