木次線の「奥出雲おろち号」、7月19日から9月1日までは毎日運転

ニュース画像:奥出雲おろち号 - 「木次線の「奥出雲おろち号」、7月19日から9月1日までは毎日運転」
奥出雲おろち号

©JR西日本

JR西日本米子支社は、木次線で運転するトロッコ列車「奥出雲おろち号」の2019年7月から9月までの運転日を発表しました。

2019年度夏期は、金曜日から日曜日を中心に運転されるほか、夏休み期間中の7月19日(金)から9月1日(日)までの期間は毎日運転されます。運転本数は上下1本ずつの合計2本です。運転時刻は、往路の上り列車が木次10時7分発、備後落合12時36分着で、復路の下り列車が備後落合12時57分発、木次15時57分着です。

このうち、日曜・祝日と夏休み期間の土曜日には、往路が出雲市駅から直通運転となり、出雲市8時45分発、備後落合12時36分着で、運転されます。

通常は各駅停車での運転ですが、出雲市始発の延長運転日の出雲市~木次間の途中停車駅は、直江、荘原、宍道、加茂中、出雲大東に停車します。

使用車両は12系を改造したトロッコ車両です。全車指定席での運転で、立席での利用はできません。乗車には、事前に乗車券と座席指定券を購入する必要があります。

■「奥出雲おろち号」運転日
<7月>
5日(金)~7日(日)、12日(金)~15日(月・祝)、19日(金)~31日(水)

<8月>
1日(木)~31日(土)

<9月>
1日(日)、6日(金)~8日(日)、13日(金)~16日(月・祝)、20日(金)~23日(月・祝)、27日(金)~29日(日)


■「奥出雲おろち号」が、出雲市駅を出発する延長運転の実施日
<7月>
7日(日)、14日(日)、15日(月・祝)、21日(日)、27日(土)、28日(日)

<8月>
3日(土)、4日(日)、10日(土)~12日(月・振休)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)

<9月>
1日(日)、8日(日)、15日(日)、16日(月・祝)、22日(日)、23日(月・祝)、29日(日)

期日: 2019/06/05 〜 2019/09/29

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)