東北~北陸間直通臨時新幹線「爽秋の北陸号」、9月下旬に運転

ニュース画像:E7・W7系 - 「東北~北陸間直通臨時新幹線「爽秋の北陸号」、9月下旬に運転」
E7・W7系

©JR東日本

JR東日本とびゅうトラベルサービスは2019年9月27日(金)出発の1泊2日で、東北新幹線の各地から、北陸新幹線の沿線に向かうツアー専用の臨時新幹線「爽秋の北陸号」を運転します。

4回目となる今回は、往路が9月27日(金)で仙台7時55分頃発、福島8時22分頃発、富山11時44分頃着、金沢12時8分頃着、復路が9月28日(土)で金沢17時25分頃発、富山17時49分頃発、福島21時7分頃着、仙台21時29分頃着で運転されます。停車駅は、往復とも、仙台、福島、郡山、宇都宮、長野、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡、金沢です。E7系車両が利用される予定です。

「爽秋の北陸号」は、全席が旅行商品での販売となり、一般発売はありません。今年のコースは、金沢や富山だけでなく、福井もめぐるコースも設定されています。普通列車利用コースが、新企画4コースを含む全7コース、グリーン車、グランクラス利用コースが3コースです。

申込開始は6月20日(木)14時です。JR東日本仙台支社ウェブサイト「おすすめの旅」専用申込フォーム、びゅう予約センター、宮城県、福島県、山形県内の主な駅にあるびゅうプラザの店頭で受け付けます。

■「爽秋の北陸号」に乗車する旅行商品
<普通車利用コース>
1、金沢フリータイム(仙台駅発着:大人1名39,800円~40,300円)
2、【新コース】金沢のお勧め観光スポットと「令和」ゆかりの地巡り(仙台駅発着:大人1名60,000円~63,000円)
3、【新コース】永平寺と飛騨高山たっぷりフリータイム(仙台駅発着:大人1名61,400円~64,000円)
4、北陸の見どころ巡り(仙台駅発着:大人1名62,000円~64,000円)
5、【新コース】福井の見どころ巡りと金沢(仙台駅発着:大人1名62,000円~69,000 円)
6、【新コース】世界遺産五箇山と飛騨古川・金沢(仙台駅発着:大人1名64,000円~68,000円)
7、黒部峡谷トロッコ電車と紅葉の立山黒部アルペンルート(仙台駅発着:大人1名67,000円~81,000円 募集

<グリーン車、 グランクラス利用コース>
1、往復グリーン車で行く 自家掘り源泉たっぷりの湯と美食で寛ぐ北陸(仙台駅発着:大人1人122,000円
2、往復グリーン車で行く 海が見える名湯和倉温泉と能登・金沢(仙台駅発着:大人1人128,000円
3、往復グランクラスで行く 至福の北陸全10室の隠れ宿「山中温泉かよう亭」でゆったり過ごす(仙台駅発着:大人1人193,000円~211,000円)

期日: 2019/06/20から

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ