京都鉄道博物館、2月に日本初の特急用気動車「キハ81形」の車内公開

ニュース画像:キハ81形 - 「京都鉄道博物館、2月に日本初の特急用気動車「キハ81形」の車内公開」
キハ81形

©JR西日本

京都鉄道博物館は、2020年2月の定例イベントを公表しました。「キハ81形3号車」の車両公開や展示品解説セミナー「硬券印刷機」が開催されます。

2月の特別な車両公開では、1960年に登場した日本初の特急用ディーゼルカーで、今年で製造60年を迎える「キハ81形」の車内を公開します。開催日は2月の土日祝日、開催時間は10時から16時30分まで、開催場所は本館1階 「鉄道のあゆみ」です。

展示品解説セミナー「硬券印刷機」では、硬券印刷機で乗車券印刷、日付印字器で切符に日付を印字、改札鋏で切符に鋏(はさみ)を入れる体験ができます。また、硬券などについての解説と資料映像の上映を行います。硬券には、製造60年を記念してキハ81形がデザインされています。

なお、このセミナーは京都鉄道博物館講座スタンプカードの対象です。開催日は、2020年2月15日(土)、2月16日(日)です。開催時間は、11時30分、13時45分、15時30分です。各回40分で、各回30分前から整理券を配布します。開催場所は本館2階 生活と鉄道、定員は各回先着20名です。

期日: 2020/02/01 〜 2020/02/29

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ