国鉄時代から使用する201系が運行終了、JR西が225系新製投入

ニュース画像:ばりさくさんの鉄道フォト - 「国鉄時代から使用する201系が運行終了、JR西が225系新製投入」
ばりさくさんの鉄道フォト

©ばりさくさん

JR西日本は2020年度から、JR京都線、JR神戸線などへ225系の新製投入、223系には車内ディスプレイを設置し、情報提供の充実に取り組みます。JR京都線、JR神戸線の「快速」で使用している221系は順次、大和路線、おおさか東線で使用し、両線区で快適性の向上につなげます。これにより、国鉄時代から使用している201系は、全ての車両の運行を終える予定です。

JR京都線、JR神戸線などへ新製225系、144両が投入される予定です。新製する車両は、車体の衝突安全対策や車両挙動監視装置の導入、ATSやパンタグラフなど機器の二重系化で安全性や安定性が向上しています。また、各車両に車いすやベビーカースペースの設置、車内ディスプレイによる多言語案内など、利便性にも配慮されています。2020年度を皮切りに、2023年度まで投入されます。

また、JR京都線やJR神戸線などを走行する223系の車内ディスプレイは、330両に設置されます。画面では、運行案内、輸送障害時の運行情報、広告などを提供します。

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ