「木造駅舎紀行200選」刊行 巻頭特集で原宿駅などを掲載

ニュース画像:原宿駅を特集 - 「「木造駅舎紀行200選」刊行 巻頭特集で原宿駅などを掲載」
原宿駅を特集

©インプレスホールディングス

インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する天夢人は、2020年2月19日(水)に「旅鉄BOOKS025 木造駅舎紀行200選」を刊行しました。

今回刊行された「旅鉄BOOKS025 木造駅舎紀行200選」は、日本の鉄道の多くが開業した明治から大正初期に建てられた駅や、現在でも木造の駅を取り上げた一冊です。巻頭特集では原宿駅、国立駅、高尾駅の東京の3つの木造駅舎を掲載しているほか、日本各地の木造駅舎を掲載しています。

その駅らしい美しいポイントはクローズアップして掲載し、駅の全景だけでなく様々な角度から撮影した写真で構成されています。コラムでは各エリアごとの木造駅舎について、歴史背景、特徴、傾向などをわかりやすくまとめています。

「旅鉄BOOKS025 木造駅舎紀行200選」はA5判160ページで定価税抜1,800円、全国の書店やオンライン書店などで販売中です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ