都営新宿線と京王線、3月20日に記念乗車券販売 相互直通運転40周年

ニュース画像:相互直通運転40周年記念乗車券 台紙 - 「都営新宿線と京王線、3月20日に記念乗車券販売 相互直通運転40周年」
相互直通運転40周年記念乗車券 台紙

©東京都交通局

東京都交通局は2020年3月20日(金・祝)始発から、「相互直通運転40周年記念乗車券」および記念「都営まるごときっぷ」を発売します。これは1980年3月16日(日)に開始した都営新宿線と京王線の相互直通運転40周年を記念するきっぷです。

「相互直通運転40周年記念乗車券」は、2つ折りのA4サイズの台紙に、新宿駅、岩本町駅、東大島駅、本八幡駅からの片道乗車券4枚がセットされたものです。有効期限は3月20日(金・祝)から6月30日(火)までの間で、利用当日に限り有効です。1セット税込1,000円で発売されます。発売期間は6月30日(火)まで、無くなり次第終了です。

発売場所は五反田、新橋、浅草橋、日比谷、水道橋、巣鴨、高島平、市ヶ谷、馬喰横山、本八幡、上野御徒町、門前仲町、大門、青山一丁目、都庁前、練馬の都営地下鉄16駅の駅長事務室です。発売数は1,500部で、市ヶ谷駅と馬喰横山駅で各300部、都庁前駅で200部、本八幡駅で100部、その他12駅で各50部ずつの販売です。

記念「都営まるごときっぷ」は、相互直通運転開始当時の都営新宿線、京王線の2車両をデザインしたもので、新宿駅を除いた都営新宿線各駅の自動券売機で発売します。価格は大人700円、小児350円で、発売枚数は5万枚、無くなり次第終了です。

合わせて、3月16日(月)から12月15日(火)まで、都営新宿線、京王線の各1編成に相互直通40周年記念オリジナルヘッドマーク、オリジナルステッカーをつけて運行します。

期日: 2020/03/20 〜 2020/06/30

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ