都営地下鉄、各駅改札でスマホ利用の多言語案内を開始

ニュース画像:案内画面 - 「都営地下鉄、各駅改札でスマホ利用の多言語案内を開始 」
案内画面

©東京都交通局

東京都交通局は2020年3月31日(火)から、都営地下鉄の各駅改札において、スマートフォンで利用可能な多言語案内を開始しました。

サービスは、ヤマハが開発したシステム「おもてなしガイド」を活用したもので、東京2020大会会場の最寄り駅など12駅22改札口で利用できます。対応言語は日本語、英語、繁体・簡体字の中国語、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語です。

「おもてなしガイド」は、「音のユニバーサルデザイン化支援システム(SoundUD)」で、改札口付近で事前にインストールしたアプリを起動すると、スマホ画面上、各ユーザーが選択した言語で駅情報が表示されます。

なお、駅情報はBluetooth信号で情報が伝達されるため、端末のインターネット接続は不要ですが、スマートフォン等のBluetoothをONにする必要があります。

■多言語対応サービス 設置場所
<浅草線>
・浅草駅
・大門駅
・三田駅
・泉岳寺駅

<三田線>
・三田駅
・日比谷駅

<大江戸線>
・光が丘駅
・新宿駅
・国立競技場駅
・青山一丁目駅
・大門駅
・両国駅

期日: 2020/03/31から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ