JR四国、特急列車6本の運休を延長 新型コロナウイルスの影響

ニュース画像:Kazoo8021さんの鉄道フォト - 「JR四国、特急列車6本の運休を延長 新型コロナウイルスの影響」
Kazoo8021さんの鉄道フォト

©Kazoo8021さん

JR四国は2020年4月11日(土)から4月30日(木)まで、現在運休している特急列車のうち6本の運休を延長します。新型コロナウイルスの国内感染の現状から、列車利用が大幅に減少していることに伴う運休です。

運休となる特急列車は、定期列車6本です。対象列車は、予讃線の松山駅14時28分発の宇和海17号、宇和島駅12時55分発の宇和海16号、高徳線の高松駅14時12分発のうずしお17号、徳島駅12時24分発のうずしお14号、徳島線の徳島駅12時1分発の剣山5号、阿波池田駅13時33分発の剣山8号です。

なお、現在運休している普通列車は、4月6日(月)から運転を行う予定です。特急列車のうち、4月10日(金)まで運休している宇和海11号、宇和海10号は、4月11日(土)から運転する予定です。

期日: 2020/04/11 〜 2020/04/30

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ