台風12号、房総半島接近で列車運行にも影響

台風12号は2020年9月23日(水)15時現在、八丈島の南南西およそ120キロメートル(km)付近を時速20kmで北東へ進んでいます。上陸はせずに房総半島の東を通過する見通しですが、9月24日(木)夕方に千葉県にもっとも接近する予想です。これに伴い雨風が激しくなる見込みで、JR東日本では一部路線で計画運休します。

9月24日(木)は、台風の進路近くを走行する路線のうち、久留里線が終日運休、鹿島線は昼ごろから運休を計画しています。このほか、総武本線、内房線、外房線、東金線は列車の遅れ、運休発生の可能性があります。

成田線は、成田~我孫子間が10時ごろから常磐線快速電車への直通運転を中止し、千葉~成田空港間、成田~銚子間は列車の遅れ、または運休の可能性があります。

さらに台風の北上に伴い、水戸線は9月24日(木)15時ごろ、常磐線のいわき~仙台駅間と水郡線は9月24日(木)18時頃に運転を取りやめます。台風通過後に設備点検で安全を確認し、9月25日(金)昼ごろに運転再開する見通しです。また、東北本線の郡山~福島間は、9月24日(木)15時ごろから運転本数を減らし、9月25日(金)夕方まで減便する可能性があります。

都心ではこのほか、都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー、東京さくらトラム(都電荒川線)、東京メトロが運行の見合わせ、本数減、遅延の可能性があると告知しています。

期日: 2020/09/24 〜 2020/09/25

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ