JR東海、金山駅でQRコードによるホームドア開閉システム実証実験

ニュース画像:QRコードを利用したホーム可動柵開閉システムの概要 - 「JR東海、金山駅でQRコードによるホームドア開閉システム実証実験」
QRコードを利用したホーム可動柵開閉システムの概要

©JR東海

JR東海は2020年11月28日(土)から、東海道本線で使用する金山駅3番線ホームにおいて、QRコードを利用したホーム可動柵開閉システムの実証試験を実施します。

車両扉に貼り付けられたQRコードを、ホーム上に設置されたQR検知用カメラで検知し、車両扉の開閉とホーム可動柵扉の開閉を連動させるシステムです。降雨や太陽光の反射など様々な屋外環境で、QR検知用カメラの検知機能を確認するほか、QR検知用カメラの適切な配置台数や位置の確認も行います。

JR東海ではホーム上の安全性を一層高めるため、ホーム可動柵の整備を進めており、2021年に東海道本線金山駅に、2025年度以降に刈谷駅に設置する予定です。また、名古屋駅についても今後の整備に向けた検討を行っており、今回の金山駅での実証試験は、名古屋駅での整備を見据え実施されます。

期日: 2020/11/28から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ