JR西、新型電気式気動車「DEC700形」性能確認試験を実施へ

ニュース画像:甲種輸送時の「DEC700形」(キイロイトリさん撮影) - 「JR西、新型電気式気動車「DEC700形」性能確認試験を実施へ」
甲種輸送時の「DEC700形」(キイロイトリさん撮影)

©キイロイトリさん

JR西日本は2021年8月中旬から、新型電気式気動車「DEC700形」の各種性能確認試験を実施します。「DEC700形」は、6月28日(月)に川崎重工から下関総合車両所新山口支所へ配置されています。

性能確認試験は、新しいシステムを採用する際の技術的検証と車両性能調整を行う「基本性能試験」と、走行線区で地上設備との適合確認を行う「全線走行試験」を2021年度末まで実施します。

「基本性能試験」は、勾配における起動性能、加減速度、新規の車体形状における走行抵抗の確認を行います。「全線走行試験」では、 走行安全性、乗り心地、走行時に台車にかかる応力の確認を実施します。2022年度以降、バッテリーの搭載によるハイブリッド方式ついての各種検証試験も実施予定です。

同社は、今後も次世代に向けた技術的検証を実施し、課題の克服に取り組みます。こうした活動で、概ね20年後の技術ビジョンの実現、 技術で開拓する交通の進化に向けたチャレンジを継続します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ