中央線グリーン車製造や185系解体も!J-TRECとJR東の車両センター公開ツアー

ニュース画像:ツアーイメージ - 「中央線グリーン車製造や185系解体も!J-TRECとJR東の車両センター公開ツアー」
ツアーイメージ

©JR東日本

JR東日本と総合車両製作所(J-TREC)は、2022年10月から11月にかけ、車両製造工場と車両メンテナンス基地を巡る1泊2日のコラボツアーを開催します。通常は入れない「J-TREC 横浜事業所」では、E233系電車の中央線用グリーン車の製造行程を見学。「郡山総合車両センター」のコースでは、定期運用を終えた国鉄185系電車の解体作業も特別に公開します。

ツアーは、1日目に「J-TREC 横浜事業所」を見学、2日目に、JR東日本のメンテナンス基地を見学する1泊2日の行程です。集合は金沢八景駅、解散は東京駅です。2日目に見学するJR東日本のメンテナンス工場は開催日によって異なります。10月11日(火)、11月8日(火)発は長野総合車両センター、10月24日(月)、11月14日(月)発は郡山総合車両センター、10月5日(水)、10月12日(水)発は小牛田運輸区、10月21日(金)、11月11日(金)発は勝田車両センターを見学します。総合車両製作所から各メンテナンス基地までは、新幹線、または特急列車を使用します。

旅行代金は、1人あたり100,000円から120,000円、参加者には「電車市場」の鉄道グッズや社員が考案・製作したオリジナルグッズをプレゼントします。申し込みは8月8日(月)12時からJR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」サイトから受け付けを開始します。

ニュース画像 1枚目:ツアー行程と参加者へのプレゼント
ツアー行程と参加者へのプレゼント

©JR東日本

【普段は入れない「総合車両製作所」と車両センター・運輸区 一覧】
■総合車両製作所 横浜事業所(J-TREC)
新幹線や首都圏の通勤車両から海外向けの車両など、これまで約23,000両の車両を製造する車両メーカー。ツアーでは間近で 「横須賀・総武快速線E235系グリーン車」や「中央快速線E233系グリ ーン車」の製造工程を見学できます。

■長野総合車両センター:30名募集 10/11発、11/8発
JR東日本唯一の鋳造工場で、鉄道部品の製造風景を見学できます。また事業用として活躍した「143系」車両の撮影会、行先表示板や懐中時計などの鉄道古物の販売を実施します。

■郡山総合車両センター :40名募集 10/24発、11 /14発
電車や気動車など様々な車両のメンテナンス風景を見学できます。また、2021年3月で定期運用を終了した「国鉄185系電車」の廃車解体する様子も特別に公開します。

■小牛田運輸区 :30名募集 10/5発、10/12発
2015年に総合車両製作所で製造したハイブリッド車両「HB-E210系」の車内で、車両の動く仕組みを解説。また、観光列車「びゅうコースター風っこ」を隣に並べ、撮影会を開催します。

■勝田車両センター :30名募集 10/21発、11/11発
勝田駅から入区列車に乗車し、営業運転では使用しない回送線で車両センターまで入線します。車内での車両洗浄体験や、交直流車両特有の機器を見学できます。

期日: 2022/08/08から

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ