東北本線と仙台空港鉄道、仙台での羽生選手パレードにあわせ臨時列車 4月22日

画像:仙台空港アクセス線
仙台空港アクセス線

©RailLab News

JR東日本は、2018年4月22日(日)に、オリンピックで金メダルを2大会連続獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手の「2連覇おめでとう」パレードが、仙台市内で開催されることに伴い、多くの乗客が見込まれることから、臨時列車の運転や列車の増結を行います。

仙台に9時30分から13時の間に到着する東北本線の下りでは、岩沼~仙台間に2本、大河原~仙台間に1本の臨時普通列車が運転されます。また、白石発仙台行きの3本が4両編成から6両編成に増結、仙台空港発仙台行きの3本が2両編成から4両編成に増結されます。

一方、仙台に10時30分から13時の間に到着する東北本線の上りでは、松島~仙台間に3本の臨時普通列車が運転されます。また、帰宅の時間帯の15時台には、仙台~松島間に1本の臨時普通列車が運転されます。

各駅の詳細な時刻などは、JR東日本仙台支社または仙台空港鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/04/22

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: