田園都市線、8500系でラッピング列車「Bunkamura号」運行へ

ニュース画像:「Bunkamura号」イメージ - 「田園都市線、8500系でラッピング列車「Bunkamura号」運行へ」
「Bunkamura号」イメージ

©東急電鉄

東急電鉄は2018年4月22日(日)から、田園都市線において、8500系を使用したラッピング列車「Bunkamura号」の運行を開始します。

「Bunkamura号」は、東急8500系車両の車体や扉を、東急文化村が運営する複合文化施設「Bunkamura」のロゴや施設写真などでラッピングしたもので、ヘッドマークの掲出も予定されています。車内は、「Bunkamura」施設や公演に関する情報による広告ジャックが実施され、運行開始時は、ザ・ミュージアム「くまのパディントン展」の広告を中心に展開される予定です。

詳しくは、東急電鉄のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/04/22から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ