京急、2018年度は駅改良工事に40億円を投資 設備投資計画で公表

ニュース画像:金沢八景駅 新駅舎 - 「京急、2018年度は駅改良工事に40億円を投資 設備投資計画で公表」
金沢八景駅 新駅舎

©京急電鉄

京急電鉄は2018年5月9日(水)、2018年度鉄道事業設備投資計画を公表し、駅改良改良工事に約40億円を投資すると発表しました。

この工事費には、耐震補強を含んでいるほか、さらなる利便性を向上させるため、ホーム上家延伸やエレベーター・エスカレーターの更新、駅舎やホームの改修や改築を行い、安全性を向上されることを目的としています。

2018年度の設備投資の対象駅は、「ホーム上家延伸」が黄金町駅、追浜駅、「ホーム上家改修」が八丁畷駅、鶴見市場駅、日ノ出町駅、「エレベーター更新」が羽田空港国内線ターミナル駅、「エスカレーター更新」が大森海岸駅、生麦駅、新逗子駅、三崎口駅、「駅舎改築」が京急長沢駅、三浦海岸駅、「ホーム改修」が井土ヶ谷駅、杉田駅、金沢八景駅です。

詳しくは、京急電鉄のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ