交通系電子マネー、セブン銀行ATMでチャージ可能に 「楽天Edy」も

画像:利用イメージ
利用イメージ

©セブン銀行

セブン銀行は、2018年9月13日(金)、JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、京浜急行電鉄、小田急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、名古屋鉄道、楽天Edyと連名で、10月15日(月)から、全国24,000台以上のセブン銀行ATMで「交通系電子マネー」および「楽天Edy」のチャージ(入金)と残高確認の取扱を開始すると発表しました。

これにより、セブン銀行のATMでは、従来から可能であった「nanaco」に加え、大幅に電子マネーの対応の幅が増えることになります。チャージおよび残高確認は終日対応可能で、手数料は無料です。サービス開始は、10月15日(月)の0時から対応可能となります。

なお、対応する交通系電子マネーは、「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」 「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の9種類です。

詳しくは、セブン銀行のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/15から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: