JR西、新快速に有料座席サービス「Aシート」を導入 2019年春頃

画像:有料座席サービス「Aシート」、導入する223系と車内イメージ
有料座席サービス「Aシート」、導入する223系と車内イメージ

©JR西日本

JR西日本は2018年10月24日(水)、JR神戸線、JR京都線、琵琶湖線の一部の「新快速」に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表しました。導入時期は2019年の春頃を予定しています。

これは12両編成の「新快速」の9号車に、快適性を高めた座席を設置し、有料座席として提供するサービスです。車両は223系1000番代を2両、改造して投入します。1両あたりの着席定員は46名です。

座席は、リクライニング機能、テーブルつきで、同社の在来線普通車としては初めてとなるコンセントを全席に設置し、無料Wi-Fiサービスの提供します。内装を工夫することにより、落ち着きのある空間を提供するとともに、荷物スペースも設けます。

「Aシート」の利用方法は、乗務員から500円の乗車整理券を購入し、空いている座席を自由に着席できます。支払いは、現金と交通系ICカードに対応します。

運転線区は、JR神戸線、JR京都線、琵琶湖線で、運転本数は1日上下4本の予定です。サービス開始日、運転区間、運転時刻は後日、決定次第、改めて発表される予定です。詳しくは、JR西日本のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

  • 有料座席サービス「Aシート」、導入する223系と車内イメージ

    ©JR西日本

  • 有料座席サービス「Aシート」ロゴ

    ©JR西日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: