JR東京駅の社員食堂、11月23日に一般開放 「ハヤシライス」提供

画像:多くの旅客を満足させてきたデミグラスソースを使用した「ハヤシライス」
多くの旅客を満足させてきたデミグラスソースを使用した「ハヤシライス」

©日本レストランエンタプライズ

JR東日本管内で、駅弁の販売や飲食店、車内販売などを手がける日本レストランエンタプライズ(NRE)は2018年11月23日(金・祝)、同社が営業している東京駅の社員食堂を一般開放します。

このイベントは、東京駅で開催する「東京鉄道祭」の一環として実施されており、2018年は前身の日本食堂の時代から、食堂車のメニューで提供されていた「ハヤシライス」が用意されます。価格は750円です。

食堂での提供時間は11時から15時までですが、食事を希望する方は9時からJR東京駅丸の内地下南口改札外の学生用団体待合所で配布される整理券が必要です。配布枚数は300枚で、無くなり次第、終了となります。

詳しくは日本レストランエンタプライズのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/23

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: